算数の取り組みを英語でやってみよう♪

4歳の息子は、数字に関しては好きな方じゃないかと思います。

よく「足し算の問題作って~!」と言ってきて、

札幌旅行中に持ち歩いていたノートにもその計算を楽しんだ後がっ

IMG_0116.jpg

自分から「〇〇+〇〇は何?」と聞いてきたり。

「僕、10000+10000分かるよ!」と嬉しそうにしているとこっちまで嬉しくなります

たぶん、きっかけはお姉ちゃんかな~~。

算数の宿題をしている姿を見ていて興味を持ったんだと思います。

漢字もしかり。

まだ引き算は難しいようなのですが、

楽しんでできる算数っていいですね


算数って単純に計算するだけのものでもないと思うのですが、どうでしょう?

答えは一つかもしれないけれど、

答えを出す方法っていくつかあったりします。

マーちゃんの小学校で算数の授業を参観したことがあるのですが、

いくつかのグループに分かれて

どういう方法でこの問題を解くか、っというのをやっていました。

確か、面積を求める問題だったと思うのですが、

個々を足していく方法、

全体から引く方法とさまざまで面白かったです


物事をあっちから見てみたり、こっちから見てみたり、

考え方が一つじゃないことに気づくってとっても大事なように思います。

私たち人間も、みんな違ってるんですもの。

髪や肌の色が違ってても、

彼らの意見と自分の意見が違っててもそれぞれ尊重できるといいですよね。


なんか話が飛んでしまいました!

えっと、ともくんが算数が好きなようなので、

こんなものを買ってあるんです

I Can Add (Grades K - 1) (Step Ahead)I Can Add (Grades K - 1) (Step Ahead)
(1999/08/06)
Patricia A. Reynolds

商品詳細を見る


今違うワーク(ひらがな)をやっていて出番がないのですが、

ちょっと今日あたり、やらせてみようかなと思います。

食いついてくれると嬉しいんだけど~~


今日も遊びに来てくださってありがとう!
こちらをクリックしていってくださると嬉しいです
      ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


☆昨日の絵本☆
ワンダーママさんにお借りしたこの絵本。
ともくんとフォニックス読みしてみました~



日本語絵本はこちら
この絵本、こわいよっていったら食いついた(笑)



おとうさんとゆきだるまを作ったワニぼう。
そこで糸電話をしているゆきだるまを見つけます。
自分でも糸電話を作るとそれで桜の木とお話。
「もしもし さくらのきさんですか。またはるになったらさいてくれますか」
「もちろんですよ はるになったらね」
最後は桜が咲いた木の絵で終わります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

comment

No title

算数楽しく取り入れたいですよね~!うちの藍は、不得意っぽい(笑)

1つの問題をじっくり考える子になってほしいなあ。あきらめない子に。算数の問題といてたら、我慢強くなりますよね(あ、強くなってほしい…か。)

とはいえ、親の希望を押しつけないように、あはは。楽しくできたらいいとします~!
  • 2013/02/26(火) 19:27 |
  • Wondermama |
  • URL
  • [編集]

No title

Wondermamaさん☆

算数って難しいものじゃないのかもしれませんね~!
ともくんは、答えを見つけ出すのにとってもワクワクしている感じ。
S太郎くんの行ってるアルゴクラブ(でしたっけ?)
そういうのが近くにあるといいんだけどなぁ・・・

そうそう、押し付けないように。
それが大事ですね。

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード