今日は絵本のお話をじっくりとしてみます。

いまね、この本を読んでいるんです。
         ↓↓
絵本たんけん隊 (角川文庫)絵本たんけん隊 (角川文庫)
(2012/11/22)
椎名 誠

商品詳細を見る


椎名誠さんっていうと

作家さんとかエッセイ書いてる人って言うイメージが強いんですけど、

絵本??と思って手に取ったのがきっかけでした。

絵本と書いてあったら読むしかないわ~~って

さっそく読み始めたんですけど、これがなかなか面白いんです

私、絵本が好きだからかな・・・

いろんな絵本がジャンル別に紹介されていて、

読んだこともあれば、まだ読んだことのない絵本もいっぱいあるな~~と

ワクワクしいながら読んでいます。


ここ3日かけてともくんに読みきかした絵本がこちらなんですけど
      ↓↓
おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)
(1974/11/01)
古田 足日

商品詳細を見る

絵は白黒だし、話は長いんだけど、リピート率がかなり高い絵本です。

ほんと、何度読んだか分からない

なんでこの絵本が好きなのか聞いてみたら

「ちょっと怖い感じが好き」なんだそう。

保育園の子どもが、ちょこっと悪さをして押入れに閉じ込められちゃう。

押入れって暗くて怖いですよね・・・

私は閉所が苦手だからできれば入りたくないっ!

しかもその押入れに「ねずみばあさん」まで出てくる。

閉じ込められた子供たちは頑張って逃げ切るんですけど

そこに二人の友情も描かれているし、

最後はほっとする結末も待っている。

ともくんも怖い気持ちと、安心感も持ちながら聞いているんじゃないかな。

私のねずみばあさんのこわ~~い声にもおびえながら


椎名さんの本にもね、

怖いお話がいっぱい紹介されているんですけど、

”こわい”っていうのはお話の原点なんだそうですね。

押入れ=怖いというのを絵本を通じてちゃんと知っているから

叱られて「押入れに入れるわよ!」なんて言うと

ともくん、おっかなびっくりで泣き出しちゃいます


絵本ってね、こどもに読み聞かせしていても、

ほ~~~っとうなるほど感動する絵本もあれば

あ、最近ではこれですね。
            ↓↓
おこだでませんようにおこだでませんように
(2008/06)
くすのき しげのり

商品詳細を見る

なかには訳の分からない絵本もあります

椎名さん紹介のこれ。
      ↓↓
つきよ (スピカのおはなしえほん (13))つきよ (スピカのおはなしえほん (13))
(1986/01)
長 新太

商品詳細を見る

が山をすべって湖に落ちて

橋になったり、船になったりしています。

それをたぬきがこっちで見てると言う・・・

たぬきは読み手なのかなぁ?

なんでたぬきなんだろう??

月にもいろんな表情があるってことが言いたいのかなぁ???

ともくんも「訳がわかんない」って

お月さん、何してんだ??って感じですかね。

他にも読んだ中で訳の分かんないのはありました。

名前、忘れちゃったけど。

昔からの言い伝えの絵本や、生と死を書いたものもあるし、

動物が出てくる絵本なんてものは山ほどあります。

たぶん、作者みなさん、いろんな意図を持って書いてらっしゃるんだろうけど、

結局のところ、

読む人の年齢や感性で、読み方なんてみんな違ってきちゃうって

椎名さんもおっしゃっています。

必ずしも作者が言おうとしていることに気づかないで読んで終わることもあるしな。


これまでともくんとは延べ数百冊絵本を読んできてるとは思うけど、

どっちかっていうと現代のお話が多かったから

これからはちょっと昔話も読んでみたいなって思います。

昔話も奥が深いですもんね~。

弱いものいじめはだめだとか、物を大切にしましょうとか、欲を出さないようにとか。

うらしまたろう (日本傑作絵本シリーズ)うらしまたろう (日本傑作絵本シリーズ)
(1974/03/25)
時田 史郎

商品詳細を見る

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
(1965/02/20)
まつい ただし

商品詳細を見る
 
はなさかじいさん (いもとようこの日本むかしばなし)はなさかじいさん (いもとようこの日本むかしばなし)
(2008/03)
いもと ようこ

商品詳細を見る
 
したきりすずめ (日本傑作絵本シリーズ)したきりすずめ (日本傑作絵本シリーズ)
(1982/06/30)
石井 桃子

商品詳細を見る



あと、最後に私が好きな絵本2つ。
       ↓↓
おおきな木おおきな木
(2010/09/02)
シェル・シルヴァスタイン、Shel Silverstein 他

商品詳細を見る

木と男の子の長い友情にも感動するし、

木の偉大さというか、自然の素晴らしさを

何度も読み返しているうちにじわじわ感じさせてくれる絵本だと思います。

もう一つはこちら。
   ↓↓
きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)きょうはなんのひ? (日本傑作絵本シリーズ)
(1979/08/10)
瀬田 貞二

商品詳細を見る


絵本ナビから

 ある朝、まみこは玄関で歌を歌って学校へ行きます。

 「おかあさん、きょうはなんのひだかしってるの?しーらないの、しらないの、しらなきゃ かいだん 三だんめ」

 おかあさんは階段の三段目に手紙を見つけます。
 
 「ケーキのはこを ごらんなさい」

 まみこがおかあさんに仕掛けた手紙探し遊び。

 おかあさんは次々に手紙を見つけ、さらに会社にいるお父さんのポケットにも手紙が入っています。

 お父さんとお母さんの結婚記念日。この手紙遊びには素敵な結末が待っています。」


こんな仕掛けを娘が考えてくれたらどんなに楽しいだろうなぁ~

そういえば、結婚記念日、もうすぐだわ!



今日も遊びに来てくださってありがとう!
いつものワンクリック、嬉しいです
天にも上る気持ち(笑)
       ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

comment

No title

maomaoさんは本当に絵本がお好きなんですね。
ママにたくさんの絵本を読んでもらって、
マーちゃんもともくんも幸せですね^^

私はこの単語覚えてほしいなとか、
自分で言えるようになってほしいなとか
下心ありありで読み聞かせをしてしまっています。

でも、maomaoさんのように
読み聞かせを通して自然に育んでいるものを
もっと大切にしようと思いました☆
  • 2013/02/21(木) 11:30 |
  • ふうみん |
  • URL
  • [編集]

No title

和書も本当に素敵なものがいっぱいですよね。
どの絵本も是非是非読んであげたいと思います。
絵本自体も、そして絵本を読む親子の時間も
とっても素敵ですよね。
図書館にいこう^^
  • 2013/02/21(木) 16:20 |
  • Carriexxx |
  • URL
  • [編集]

No title

去年幼稚園のママが、いいなと思う本を持って行くと、幼稚園の先生が読んでくれる♪というキャンペーンみたいなのがあったんです。そこでも「押し入れのぼおけん」を持ってきてくれたお母さんがいて、すごく人気だったみたい。S太朗も喜んでた。

絵本、いいですよね~~~!私もほんと出会えてよかったあと思う。子供たちに感謝だな。
  • 2013/02/21(木) 18:15 |
  • Wondermama |
  • URL
  • [編集]

No title

ふうみんさん☆

コメントありがとうございます(*^_^*)

英語絵本に関してはね、「聞け~~!」っていうことも
なきにしもあらず・・・で^^;
やっぱり英語絵本ももうちょっと日本語絵本のように
扱わなくちゃと反省の念も込めての記事でした。
読み聞かせで伝えられること、いっぱいあるんだと思います。
私も心を通わせられる読み聞かせを続けたいと思います^^

No title

Carriexxxさん☆

Carriexxxさんのおっしゃる通り、絵本を読む親子の時間っていうのは
本当に大切だなぁって思います。
読み聞かせっていつかは卒業しちゃうから
今はいっぱいやってあげようと改めて思いました。

No title

Wondermamaさん☆

それは素敵なキャンペーンですねぇ~~!
子どもってね~絵本というかお話好きですよね(*^_^*)
私も本の育児っていうのはマーちゃんに教えられたなぁ。
でも私もこんなに読む人になるとは~(笑)
図書館が楽しくてたまりません(笑)

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード