「遊び」を通じて英語が使えないので・・・語りかけ頑張ります☆

ずっと我が家は英語絵本を通じて英語に触れさせていて

「話す」ことに重点を置いてきませんでした。

でも、お姉ちゃんが自然に本を読むようになった経験から

絵本の読み聞かせの力はおおいに実感

だからそのうちともくんも自分で読むようになるんだ、って

楽観視してるところがあるんですけど・・・

最近は今のうちに、「話す」ことにもアプローチしてみたいって

思うようになって、我が家の一つのテーマにもなっています。

私は英語で仕事をしていた頃からもう11年経っていて

語りかけがだいぶ億劫です。

一日中はしんどくて、

レゴやおままごとをしながらその時だけ英語で語りかけ、

という程度ならできるかも~と思っていました。

でも、私と「遊ぶ」とき、

ともくんは「英語」を嫌うんです~~。

中耳炎で調子が悪いので先週末は家にいて

お姉ちゃんと人生ゲームや百人一首で「坊主めくり」をしたり

お医者さんごっこをして遊びました。

でも

"Oh, I have a stomachache."って言って診てもらおうとしても

「ちゃんとひらがなで言ってよ」と言われてしまいます。

ともくんは「遊び」=「英語」の図式ではなく、

やっぱり「絵本」=「英語」なのかな。

でも、語りかけも全部拒否されるわけでもなく、

普段の "Wash your hands!" >"Are you thirsty?"などの問いかけには

ちゃんと英語で答えてくれます。

でもこれは正直、一方通行が多いんですよねぇ~~。

だから最近は、ともくんが言おうとしていることを

こっちで英語にして、もう一度問い直しています。

「なんか飲みたい~~」という時は、

"I want something to drink?" という具合です。

これってほんと、面倒なんですけど・・・

本などを見てフレーズを覚えるのがなかなかできなかったので

子ども達が言おうとしてるのを直すだけの作業は

案外続けられています

ぼちぼちだけど・・・

もうちょっと億劫さがなくなるといいなぁ。←私の問題ね。

私も、頑張ります



今日も遊びに来てくださってありがとう。
応援クリックしていただけると嬉しいです
       ↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



☆昨日の絵本☆

お姉ちゃん
No More Monsters for Me! (I Can Read Book 1)No More Monsters for Me! (I Can Read Book 1)
(1987/08/28)
Peggy Parish

商品詳細を見る




ともくんはSWR4冊
あいうえおんあいうえおん
(2009/04)
あき びんご

商品詳細を見る


11ぴきのねこ11ぴきのねこ
(1967/04/01)
馬場 のぼる

商品詳細を見る





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

comment

No title

おやつの時、遊びの時と、場面場面で少しずつ英語が増えてくとやりがいあるんだけどなぁって思っちゃいますよね。わかりますー。
英語絵本の延長で英語で遊んでみるのは、どうかなぁ?と思ってみました。Busに関する絵本を読んで、英語でバスごっこするとか。。も、もう試してみましたかしら??
  • 2012/05/22(火) 22:47 |
  • ものぐさハハ |
  • URL
  • [編集]

No title

「話す」には、やっぱり語りかけがとっても近道になるんでしょうね。
日本語だって、親が話すことを覚えていって話すようになりますもんね。

私は億劫とか以前の問題なので…、ぼちぼちだけでも語りかけできているmaomaoさん尊敬しちゃいます~。
まぁ、英語ダメでも本のフレーズを一生懸命覚えるとか、手立てはあるんでしょうが…、私の場合やる気の問題ですかね^^;

No title

ものぐさハハさん☆

正直、まだ遊びと絵本をリンクさせたことはあまりないんです。
体験したことを絵本で読むことはよくあるんですけど・・・
ちょっとやってみようかな。
準備がいるかな~と思うと、なかなかやれなくて。
ご提案、ありがとうございます♪

No title

momさん☆

ん~~~そのぼちぼち加減がほんと少しなので^^;
でも、ことばって聞いて覚えるんですものね。
それが一番早いかな。
私もその気になってやってはいるものの、
まだまだ努力が足りないかなあ…

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
洋書多読もぼちぼち軌道に乗ってきた(^^♪

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード