ことばの”音”に反応&興味を示す4歳児にヒントをもらう^^

我が家の男児、ともくんには

生まれてからず~~~っと英語の音をインプットしておりますが

英語はもう日常的に聞いている(語りかけ以外で)ためか

何か新しいものを聞いている、という感覚はないみたい。

でも時々パパが発するイタリア語にはめっちゃ敏感に反応して

すぐに真似しています。

しかも、すごく楽しそうにやってる~~(えいごは~?)


昨日も数字でイタリア語でなんて言うの?

これは??

と最近はめったに近づかないパパに詰め寄って聞いていました。

もう~~~!なんでそんなにイタリア語に反応するのさ~~~~???

あなたの大好きなママは英語を話してるのよ~~~


でも、イタリア語の音を聞いてると、分からないでもないのが正直なところ。

実は10までイタリア語で言えるともくん、

今度は20、30、40は?と聞いてたんです。

「イタリア語で教えちゃっていいの?」と私に気を使いながら

パパがともくんに教えてるのを聞いてると

「Venti, Trenta, Quaranta, Cinquanta, Sessanta,

 Settanta, Ottanta, Novanta, Cento」

「ヴェンティ、トレンタ、クアランタ、チンクワンタ、セッサンタ、

 セッタンタ、オッタンタ、ノヴェンタ、チェント・・・」

これ、”音”が面白くありません???

現にともくん、

「え~~?オッタンタ(80)っていうの???」なんて言って目が輝いてる

エイティ~っていう音より、オッタンタの方が楽しいか~~

そういえば、少し前に子ども達がはまった

5角形~12角形までの英語も

pentagon
hexagon
heptagon
octagon
nonagon
decagon
hendecagon
dodecagon

と音が面白くて一気に覚えちゃってたわ~~

ことばって、音からのアプローチが自然な流れなんだけど

英語自体はやっぱりそんなに魅力的な音でもない感じ・・・

そうなるとライミングが効果ありそうな気がするなあ。

こちらを再読してみようかな・・・

アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている―英語が話せない子どものための英語習得プログラムライミング編アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている―英語が話せない子どものための英語習得プログラムライミング編
(2008/10/01)
リーパー すみ子

商品詳細を見る


読み聞かせにはこれか!

Hop on Pop Book & CD (Dr. Seuss)Hop on Pop Book & CD (Dr. Seuss)
(2005/01/05)
Dr. Seuss

商品詳細を見る

今のともくんにはライミングアプローチもありかも??


今日も遊びに来てくださってありがとう。
応援クリックしていただけると嬉しいです
     ↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


☆昨日の絵本☆
お姉ちゃんはお休み

ともくんはSWR4冊と
どろぼう がっこう (かこさとし おはなしのほん( 4))どろぼう がっこう (かこさとし おはなしのほん( 4))
(1973/03)
加古 里子

商品詳細を見る


あひるのたまご―ばばばあちゃんのおはなし (こどものとも傑作集)あひるのたまご―ばばばあちゃんのおはなし (こどものとも傑作集)
(1997/08/15)
さとう わきこ

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

comment

No title

音が楽しいってわかります!
歌ってるみたいだったり、怪獣の名前みたいだったり。
やっぱり楽しいとすぐ覚えちゃうんでしょうね。
  • 2012/05/19(土) 00:18 |
  • ものぐさハハ |
  • URL
  • [編集]

No title

ものぐさハハさん☆

>やっぱり楽しいとすぐ覚えちゃうんでしょうね。

そうなんだと思います~。英語も楽しく発話に
繋がるといいんだけど・・・実用というか
実際伝えるための発話はどうしても
”楽しさ”に欠けますねぇ・・・^^;

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード