絵本情報満載の季刊誌「この本読んで!」

図書館に行くといつも置いてある「この本読んで!」という雑誌。

いつも気になってたんだけど、最新号は借りられないし

息子と一緒じゃじっくり見れない。

どんな雑誌なのか調べてみたら、

財団法人出版文化産業振興財団というところから発行されている

季刊誌だと知りました↑をクリック





「言語力は生きる力」




なるほど~~~~。

彼らは読書推進運動を展開しながら

読書アドバイザーの養成講座や読み聞かせのお話広場なども実施しているそう。

ちなみに春号が先日発売されたようです。

今回は安野光雅さんが特集されています

安野さんと言えば、

これですね!!↓↓↓
はじめてであう すうがくの絵本 (1)はじめてであう すうがくの絵本 (1)
(1982/11/01)
安野 光雅

商品詳細を見る


絵が絵画のようで美しい

お姉ちゃんとシリーズ3冊読んだことがあります。

すうがく」と聞くとちょっと難しそうですが、

幼稚園の子でも楽しめる内容でしたよ。



「これ読んで!」は買える書店が限られていますが、

こちらでも購入可能です↓↓↓
購読申し込み

絵本の情報もりだくさん、新刊100冊の紹介もあります

私も申し込まなくちゃ

こちらもどうぞ!↓↓↓
えほん大好き

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育

comment

maomaoさん

ブログのぞいてくださっていて
ありがとうございました^^
コメントとってもうれしかったです!

すうがくの絵本、楽しそうですね!
息子は数字に興味が出てきたので
チェックしてみたいと思います~♪

「この本読んで!」も幼児期に
大切なことが学べそうですね。^0^

こんばんは☆
『言語力は生きる力』かぁ…
絵本をたくさん読もうと思ってからなかなか大変な日もあるけど、頑張ろうってまた思えました☆
数学の絵本、私は理系がものすごく苦手なので興味あります~!

dukeさん☆ 

こんにちは。
こちらこそ、コメントありがとうございます♪
すうがくの本は親子で一緒に読むと
きっと楽しいですよ^^
本屋さんになかなか行けないので
「この本読んで!」はいい参考書になりそうです^^

aoitanさん☆

うんうん、絵本の読み聞かせはある意味大変ですよね。これからも続けていけたらいいですね。
すうがくの絵本はちょっと他の絵本と趣が
違って面白いです♪

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
洋書多読もぼちぼち軌道に乗ってきた(^^♪

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード