世界算数☆Global math challenge



この春休み、

家でチャレンジしたいからと

ともくんは学校から算数発展問題を

持って帰ってきました。

最後の方に載っていた問題が結構難しく、

二人で考えたけど答えが出ず。


悩んだのがこの二つの問題。

「ビー玉」

赤と青のビー玉が10こずつ、合計20こ入ったマシンがあります。
このマシンに10円を入れると、どちらかの色のビー玉が
1こ出てきます。
同じ色のビー玉を3こ必ず集めるには、最も少なくて
いくらひつようですか。


「今日のおやつ」

今日のおやつは何ですか

マサアキ君、タケヒコ君、カズヒロ君の3人兄弟が
遊んでいる所に、お母さんが買い物から帰ってきました。

マサアキ君:今日のおやつはドーナツでしょう?
タケヒコ君:ケーキかドーナツだな!
カズヒロ君:クッキーではないな。
お母さん:まちがっている人もいるけど、
     あっている人もいるわ。
     ドーナツかケーキかクッキーのどれかだけどね。


答えをもらっていたんだけど、

考え方が載っていなかったし、

分からないまま終わるのも嫌だったので

ネットで調べてみました。

そしたらあったあった!

Global math challenge世界算数

ってところに。

初めて聞きました。

こんなサイトがあるのねぇ。

なんでも、算数オリンピックなるものを

20年以上も運営してるとか。

教科書の算数とはひと味違った、

思考力や発想力、

直感力が求められる問題ばかり掲載していて

考えることを楽しみ、

一歩先へ行く発想力を鍛える場だって。

なるほど~面白そう。

でも載ってる問題は、なかなか難しい。


ともくんと上の問題の解き方を確認したんだけど、

おやつの問題なんか、

「あってる人もいて、間違ってる人もいたら

分からんじゃん!」って^^;

確かにね~~。

でも、算数の問題だってことを

認識しないとダメね。

どうやって答えを見つけていくか、

そのプロセスは楽しめたんだけど、

やっぱり答えが出ないと悔しい!


ヒントを一つ一つ、丁寧に読み解いていく。

普段、取り組んでいる算数ラボにやっぱり通じる。
↓↓



この問題に出会って、改めて思う。

算数って奥が深い!

どうしてその答えになるか考える事が、大事。

答えは一つしかないのが算数だけど、

やり方はたくさんあるんだよね。

特に、世界算数や算数ラボの問題は

国語力(問題を読み解く力)も必要だし、

ひらめきも大事。

前にも書いたけど、

物事をいろんな角度から見る力って

算数で養えるような気がする。

こうしてみたら?

こう考えてみたらどうなる?

って、いろんな方法を試しながら

答えにたどり着くんだもんね。


英語がもっと話せるようになったとしても、

ともくんには

広い視野を持ち、

いろんな考え方があることも知っていてほしい。

算数でしかそれらが得られない訳じゃないけど、

本人が前向きに取り組んでるし、

一つの土台作りとして

これからも日本語同様、

算数も大事にしていこう。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

☆親子英語ランキング☆

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ランキング

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード