総語数&YLチェックお助けサイト



洋書を読む時に参考になるのが

総語数とYL(Yomiyasusa Level)です。

マーちゃんが自分で洋書を読み始める頃に

語数をカウントして何万語読んだ!

なんて話もしていました。

ともくんも読み聞かせした語数や冊数を数えていたんだけど、

10万語辺りから面倒になってフェイドアウト^^;


図書館の洋書を借りたことがある方は

目にしたことがあるかもしれませんが、

本の背表紙などに、

総語数やYLを記載してくれている場合があります。

総語数・冊数を数えていると、

もっと読みたくなるモチベーションにも繋がります。

購入した本等で総語数が分からない場合は

サイトで調べることもできます。

たとえばORTは、

多読に力を入れている豊田高専のサイトで

読んだ本や総語数をチェックしながら読める

チェックリストがダウンロードできます。

我が家もこれを活用させていただいていました。


読みやすさレベル(YL)は、

SSS英語学習法研究会さんが

生徒を観察している教師の意見、多読をしている大人、

学生の意見から総合的に普通の日本人英語学習者にとっての

読みやすさをYL0.0(文字なし絵ばかり)から

YL9.9(難解な一般小説)までの数値にしたものです。
(SSS英語学習研究会から引用)

SSS英語学習研究会のサイトでは

シリーズ別の語数表

多読用の洋書リスト

語数の数え方なども紹介されています。

我が家も随分お世話になったサイトです。


あと、マーちゃんの時は多読王国も利用していました。

ここで読んだ洋書を登録する時に

語数やYLを調べることができて便利です。


多読の世界では100万語が一つの目標になるけれど

コツコツ続けることが大事でしょうね。

ともくん、今どのあたりだろう・・・

改めて総語数やYLを参考にしてみようと思います。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


関連記事
スポンサーサイト

comment

no subject

我が家も利用してました~。
最近は表紙とかで、何となく買ってますが(;^_^A
以前はよく語数なんかも確認してました。
懐かしい~♡
  • 2016/10/20(木) 16:32 |
  • Layla |
  • URL
  • [編集]

Laylaさん☆

ね~みんな使ってましたね~♪
私も図書館にあるもの、
マーちゃんが読んでたもの、
あとはお友達の読んでるものに
なってるかなぁ。
最近、語数数えてるっていう話題ないですね。
  • 2016/10/21(金) 07:52 |
  • maomao |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
洋書多読もぼちぼち軌道に乗ってきた(^^♪

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード