Readingの取り組みはシリーズ本で



取り組みと言っても

ガッツリできている訳じゃないけど・・・

Fly Guyを皮切りに

ちょっと自分でも本を読んでみようという気になったともくん。

この前も紹介したけど、

今はこちらを精読中。
↓↓


国語の教科書にも出てくるし、

シリーズで読んでみようということになりました。

  

ちょうど家にあと3冊あったので

いいReadingのトレーニングになりそう。


先日のあいちの集まりで、

4歳になる男の子のお母さんにも相談されたんだけど、

読み始め、または読みをスタートさせたい子には、

ORTのようなリーディング教材絵本がお勧め。

シリーズ化されて何冊も出ている方が

キャラクターにも馴染めるし、

お話そのものを楽しめると思います。

しかも、絵本を探す手間も減るという(笑)

このFrog and Toadシリーズも

英文はとても易しいし

ORTと同じく、繰り返し同じ単語・表現が出てくるので

読みの導入としてはお勧め。

Frog とToadのやりとりもほのぼのします。

いろんな絵本をたくさん読むのも手なんだけど、

毎回、いくつも知らない、読めない単語があっては

それが苦になってお話自体、楽しめないのがともくん。

相当数読み込めばいいかもしれないけどね、

まだまだその用意が整っていません。

でも、ともくんと違って話せる子や

もうすでに読める子は

いろんな表現にどんどん出会っていくのが大事になってきます。

分からない単語があっても

気にしないでた~くさん読む多読へ進めれば最高。

お子さんの様子、興味、読むレベルを見て

選んでみてください^^


あと、ともくん、こちらも時々やっています。
↓↓


レッスンでやってもらおうと思ってたんだけど、

結局、隙間時間を利用して自分でやっています。

今、ともくんがやっている辺り
↓↓
securedownload_20160925092427bc1.jpg

最後の方
↓↓
securedownload (1)

イラストもかわいいし、

英文も徐々に増える、難しくなるといった感じ。

手助けがいらない程度のレベルだから

こちらも負担はないはず。


ともくんは耳で相当英語を聞いてきたけど話さない。

でも、こういうReadingやWritingの取り組みを

増やしてみると、

話すのも少しずつスムーズになってきている感じ。

みんな、それぞれですね^^


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

関連記事
スポンサーサイト

comment

タイムリー(^^;)

今、本の整理をしていて、ルルーが「読まない」って決めた本を並べていたんですが、Frog and Toad とかMouse soupとかLittle bearとか、買っただけで読んでなくて(><)
このまま捨てたくないから、「ママが読み聞かせしてからね」って、毎日1冊読むことにしたところだったんです~!
最近の刺激的な絵に慣れているから、なかなか手に取ってくれなかったけれど、本の中身はいいですよね~♪

精読って、普通に読むのとは違うんですか??

Cassisさん☆

おお~偶然ですね^^
いろんなジャンルの本に触れるのも
大事だと思うので、楽しめるといいですね。
精読って、たぶん文法とか単語とか
しっかり調べながら読んだりすることかも
しれませんが、
我が家の場合、何度も繰り返し読んで
分からない&読めない単語をなくしていくって
感じです~♪
  • 2016/09/27(火) 08:58 |
  • maomao |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード