ORT読みきかせ☆ケビン先生のアイディアから



ORTのワークショップについて書いた先日の記事

みやびさんから、

ケビン先生の講義はどんな内容だったかとても興味があるので

シェアしてくださいってコメントをいただいていました。

なかなか記事にできなくてごめんなさい。

昨日、小学校でORTを読んできたので

ケビン先生に教わったことを少し織り交ぜながら

ご紹介したいと思います。


昨日読んだうち2冊がORTでした。
↓↓


ケビン先生は、読み聞かせをする前に

登場人物の絵カードを一枚、一枚私たちに見せて

いろいろ質問をする導入方法を紹介されていました。

Chip, Kipper, Biff... など名前を確認したら

カードをこっそり一枚抜いて

"Who's missing?"と

誰がいなくなったのか当ててみたり、

小さい子向けには "Hello, Kipper!"と

一緒に言ってみたり。

読み聞かせって一方通行じゃないんですよね。

こういう、子どもたちとのちょっとしたやりとりが

絵本や読み手への好感度を上げてくれるんだなぁって

思いました。

私もOxford Owlからダウンロードをして

カードをつくってみましたよ~~。
↓↓
IMG_510img

今後もORTではこれを使っていこう♪


さて、もう一つ、読む前の興味の引きかたとしては

Cover Questionsというのを紹介してくださいました。

表紙の絵について、いろいろお話をするんです。

What's this?
Who is this?
How many?
What colour?
Where are they?

など、簡単な質問を使って。

あとは

What happens next?
What happened before?
How does he/she feel?

などなど。

これらの質問は絵本を読みながらもできるので

お子さんとの対話も弾むでしょうし、

そうすれば、絵本がもっともっと好きになってくれるのでは?

と思います。

小学校でも、いろんな質問をしてみました。

英語が得意ではなくても、

キャラクターの着ている服の色や、数なんかは

英語でも質問ができました。

ORTの各Stageについている、Teaching Notesにも

こういった内容が書いてあるので、

参考にしてみてください。


小学校での読み聞かせ、

今年度は昨日で終了しました。

来年度の依頼をもうすでにちらほらいただいているので

また子供たちに会えるのが楽しみです。

ケビン先生のプレゼンテーションを聞いたことだし、

来年度はORTをいっぱい読みたいなぁ。

私もいい読み聞かせが提供できるよう、

またまだ勉強しなくちゃ。


英語絵本の読み聞かせでは、

発音を気にされる方も多いようですし、

あれもこれもたくさん読みたい!

っていう気持ちが先行してしまう

ことも多々ありますが、

とにもかくにも、

お子さんとの対話を楽しみながら読むのが

一番だと思います。

一度、一冊の絵本を隅から隅までじ~~くり眺めて

見つけたこと、感じた事、

一緒にお話ししてみてください。

いつかその時間が一生の思い出になるかも^^


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード