ことばってやっぱり面白いな~♪


ともくんにこの絵本を読み聞かせしていたときのこと。
  ↓↓
パンやのろくちゃん だからね (おひさまのほん)パンやのろくちゃん だからね (おひさまのほん)
(2012/11/13)
長谷川 義史

商品詳細を見る

この中に、おじいちゃんが出てくるんだけど、

おじいちゃんのセリフが

「~~~するんじゃ」

「~~~というのじゃ」

と語尾に「じゃ」がつくのを聞いて

隣にいたマーちゃんが急に部屋を飛び出した

何事かと思ったら、

彼女の愛読書を抱えて戻ってきた(笑)

  

「ママ、読み終わったらここも読んで!」と鼻息荒い

見てみると、

特定のキャラクターに結び付いた特徴のある言葉づかい、

「役割語」について読め!とな(笑)(3巻目)

絵本にも出てきた”~~じゃ”、”~~ておる”っていう言葉、

これは部分的には関西弁に似ているんだとか。

「雨じゃ」→「雨や」(関西弁)
「知っておる」→「知っとる」

その関西弁を話す関西はその昔、文化の中心だったんだけど

江戸時代がきて、

話し言葉も粋な?江戸風に変わっていった。

昔から話されていた関西弁は”昔風”なイメージが残り、

伝統(昔風)を大切にする人=年配の人や知識人=関西風に話す

という図式が出来上がる。

歌舞伎でも、年寄りのセリフに

「~~じゃ」をわざと使ったりしてキャラを出していたそうな。

なんか面白い~~

今でもおじいさんキャラのセリフに

しっかり「じゃ」が残ってるし!

(実際に「~~じゃ」って話す人はもういない?)


私、ことばの成り立ちや変化っていうのが大好き

英語も語源を探るのがめちゃ好きだったなぁ。

こうやってことばの面白さに触れると

もっといろんな言葉を知りたい

っていう気持ちにはつながる気がする~

実際、うちの子たち、語学オタク?なパパのお陰で

いろんな言葉に触れることも少なくない。

言葉のもつ面白み、

とっかかりは音だったりすることが多いけど

それを直感で感じ取ってすぐに覚えたりしてる。

英語は聞きなれてるせいなのか、

音だけを聞いて興味を引くことはないけどね・・・

だったら、逆に英語の面白みを

音から引き出すものってないんだろうか~~。

フォニックス??

ライミング??

その辺をもうちょっと攻めてみるかな~~。

ぶつぶつぶつ・・・

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

comment

no subject

あはは~マーちゃんナイス!
~じゃ、は昔の言葉なんだ!関西の!
確かに明石家さんまさんがよくコントで言ってた?
そういう時代の流れで変化していった経緯なんかも
一緒に学ぶと忘れないし面白い♪
英語も日本語も変化してるしそういう面から勉強するのも
とっても面白いなぁって思います^^
  • 2013/09/13(金) 18:02 |
  • Carriexxx |
  • URL
  • [編集]

no subject

そういえば日本語教師になるときに勉強した17教科のうちの重要な3教科のうちの1つが「語彙」だったな~。
かなり濃く勉強したけど、やっぱり方言とか外来語とか、勉強すると面白かったよ。知らなかったことがいっぱい。
まさに日本人が知らない日本語って感じやね~^^
子供たちも英語を勉強することで日本語にも興味を持つといいな~(*´∀`*)
  • 2013/09/13(金) 19:03 |
  • りゅうママ |
  • URL
  • [編集]

no subject

言葉ね、面白い。
日本語をじっくり見てみることで、英語とか他言語にも疑問を投げかけること、私もあるわ~!

やっぱり同じ言語、何かがリンクすることあるんですよね~!

なにか動きだしそうですか~!?楽しみ♪
  • 2013/09/13(金) 20:59 |
  • Wondermama |
  • URL
  • [編集]

no subject

Carriexxxさん☆

よく思い出して持ってきたもんだ~(笑)
なんか何度もこれ読んでるみたいです。
英語にも新語ができたりしてるみたいだけど
ことばは常に変化、ですね。
日本語は特に話し言葉の変化を知ると
奥が深そうですね♪

no subject

りゅうママ☆

りゅうママんちは日本語も英語も
自然な形であるものだから、
あえて興味を持ってくれると嬉しいよね♪
日本語って研究するとめちゃ面白そうだわ~。

no subject

Wondermamaさん☆

うまくリンクするといいんだけど・・・
イタリア語はほんとすんなりいくんだけど
英語は難しいなぁ。
でも言葉には変わりないから
その面白さを追求しつづけていきたい♪

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード