• home >
  • ★ママのつぶやき

ともくんがダウン・・・・



先週後半から

ずっと忙しかったともくん。

じいじのおうちでダウンしてしまいました。

習い事もこなしつつ

お出かけも続いたせいかな。

じいじのおうちで一泊し、

二日目の夜の夏祭りを楽しんでいる最中に

頭が痛くなり、

気持ちも悪くなってしまったようで。

もう一泊する予定を返上し、

連れて帰ってきました。

帰ってきたときに熱を測ると微熱が。

疲れかな。。。

いとこたちともっと遊びたかった、って

残念がってるけど、

仕方ないね。


ともくんが留守の間、

マーちゃんと図書館に行ってきました。

いろいろ借りたので

体を休めつつ、読書でもできればいいけど、

ま、無理は禁物。


最近、MTHの和訳版を読んだりしています。

「僕、ネタバレ大丈夫だから~」

なんて言って(笑)

私はぜったい嫌な人ですけどね~。

原書もぼちぼち読み進めています。

やっぱり読みやすくて今のともくんにちょうどいい。

やっとそういうレベルに到達しつつあります。


スポンサーサイト

弾丸!シンガポール旅行記☆


最初、この夏はヨーロッパへ行くつもりで

予約もしていたんだけど、

あまりにもテロが頻発していたので

急きょ、シンガポールへ行先を変更。

お陰で直行便が取れず

現地滞在2日も無い、弾丸旅行になりました。


着いた日はもう夜で、

マリーナベイでやっている光と水のショーを観て、

その後はホテルのプールへ。

着いたばかりだったけど、

結局プールエリアが閉まる23時まで泳ぐという・・・^^;

でも、ほんとに、空に浮かんでいるよう♫
↓↓
IMG_3205.jpg


次の日は

朝からガーデンズバイザベイへ。

いろんな植物がいっぱいあって綺麗だった~♡

この巨大ツリーも圧巻!
↓↓
IMG_3121_2017073010110933a.jpg


その後は、

私が行きたかったプラナカン美術館や

ナショナルミュージアム、

アラブストリートでプラナカングッズをお買い物♫

食器は高くて変えなかったけど、

どれもほんと、かわいい!!

IMG_3166.jpg


その後は

ホテルへ戻ってまたプール(笑)

夜ごはん挟んでまた閉店までプール(笑)

どないやねん!

でもともくんにはこのプールが

何より楽しかったようで^^

最終日はショッピングモールでお買い物をして

夕方空港へ。


行きも帰りもタイを経由したので

ほ~~んと死ぬほど疲れたんだけど・・・

新しい街並みと久しぶりの異文化に触れ

凝縮された3日間。

とっても楽しかったです(^^♪


あ、ともくんの英語?

いや~~自主的には出なった・・・

やっぱり

恥ずかしいしドキドキするらしくて・・・

一回だけ、

マーライオン公園へタクシーで行ったときに

行先を告げてもらったんだけど、

チョ~~嫌そうでした^^;


ってなことで・・・

マーちゃんに(とりあえずは)内緒のシンガポール旅行、

でした!



今年の夏はシンガポール♪


マーちゃんがオーストラリアへ行くことになって

ともくんが

「僕も外国に行きたい!」って

何度も何度も、私たちの前だけじゃなく

ばあばの前でもさんざん言っていた。。。

ま、お姉ちゃん行くし、そうだわな。

でも彼の場合、

外国に行って英語を勉強したい、

っていう意味じゃなく、

ただ、旅行で行きたいっていうことだけど^^;


ともくんがそう言うよりも何も、

親の私たちだって海外へは行きたい!

マーちゃんが中学の3年間は

部活を優先させてたから海外旅行はもとより

国内旅行も行くのが難しかったし、

今度はパパの仕事の都合で

来年以降、まとまった日数休めるかとうかが分からない。

今年はいいチャンスなんだよな~って

パパもずっと言っていて、

いろいろ考えた結果、

3人でシンガポールに行くことに♫


ともくんにとって”外国”は

うちにホームステイに来た女の子が出身だったアメリカと

3歳の時に行ったオーストラリア、

っていうイメージらしいけど

シンガポールも異国♪

シングリッシュだけど、一応、英語圏でもあるし。

ま~、ともくんが英語を話す機会があるかは

微妙だけど・・・。

またシンガポール旅行記も

残しておこうと思います♪


ともくん、終業式に遅刻する


昨日はともくんの終業式。

一学期は、元気に行けた~っ!

と思っていたら・・・

あらら・・・

朝から「頭が痛い」と。

暑い日が続いているし、

体調が悪いのもあるかな~と思い、

様子を見つつ、

3時間目の学活までには行こうと約束しました。


でも実は

前日の午後、自分の筆箱が無いことに気づいたともくん。

通学団会のため、別の教室へ移動し、

終了後も自分の教室へ戻れず

筆箱を探せず帰ってきてしまったみたい。

今月に入って

筆箱を無くす子が何人かいて

先生からも

きちんと自分で管理するよう、言われていたらしく、

「先生に言ったら叱られるかも」

と心配になってしまったのかも?

僕はちゃんと鞄に入れた、と言うけれど、

勘違いなんだろうし

学校に行けばすぐに見つかるよと

声をかけてたんだけど、

前日からずっと、

気がかりで仕方がない様子でした。


3時間目を前に、

通知表をもらわなくちゃ!

と声をかけ、

行きたくないそぶりのともくんを連れて学校へ。

教室へ行くと

「おお~~ともくん!!」と

拍手が起こる(笑)

みんな待っててくれたんだね。

先生が廊下へ出て来てくれて

「筆箱ありましたよ」と。

ともくん、ホッとした様子。

たぶん、床に落ちていたのを

誰かが拾ってくれていたんじゃないか

という話でした。

(実際、後ろの席の子の椅子の上にあったそう)

ま~そんなことだろうと思ったけど。

ともくん、みんなに迎えられ、

ちょっと恥ずかしそうに教室へ入りました。


その後、学校から帰ってくると

「もう、頭痛くないよ」って。

なぬっーーーー!!!

やっぱり筆箱が原因か!

でも良かった。

ほんと、心配し過ぎ・・・

たぶん大丈夫だわ、っていう楽観的な発想、

ないんかなーーー。


でも、意外にも昨日は頼もしいことも。

「僕、後期は学級委員に立候補するんだ」って!

おお~~!いいね。

もう、何人かに手を挙げてくれるよう頼んでいるらしい。

実は先生も、

ともくんを学級委員に推してもいいですか?って

懇談会で仰ってくれてて。

もし学級委員になれたら

少しは自分に自信を持って

ちょっとしたことを気にせず頑張れるかな。


学期末、

ちょっと心配になっちゃったけど、

3年生後半は

少しは強くなったともくんを報告できるといいです~。


ともくんとスイミング


毎週月曜日はスイミングの日。

あまり気のすすまないともくんを

夏の短期コースに入れて

そのまま入会し、早一年近く経つ。

泳ぐことは好きなんだけど、

級が上がるごとに先生が変わるのが、

しんどいともくん。

一緒に泳ぐお友達も変わるから

毎回、緊張してしまうのかな。

慣れた頃に級が上がって

また一から場慣れ。


これまでに級が3つ上がったんだけど、

合う、合わない先生がいて

振替したり、曜日変更したり

なんとかここまで頑張ってきた。

今の先生は顔つきがとてもきつく、

話し方もきつい。

泳ぎ方を聞いても

「それでどうするの?」って言ってきたり、

テストで順番に並ぶ時も

次が自分と分かったともくんが

先生に呼ばれる前に並ぶと

「ともくんさんは、こっち(の列)で結構!」

って怒りながら言うらしい。

半分はね、

ともくんのわがままだし、

いろんな先生がいて

いろんな教え方があっていいと思うけど、

萎縮してしまうような言い方は

やっぱり良くないと思う。

子どもたちが上手になろうと頑張ってることが

分からない先生なのかもしれない。


もうその先生のレッスンは無理ってことになり、

出来る限り、金曜日に振替え中。

今月から、先生が入れ替わり、

金曜日は大好きな先生に変わった。

親切に教えてくれるし、

いっぱい褒めてくれる先生。

ともくんも精神的に落ち着いて

ずっと金曜日がいいって。

でも、級が上がったらまた先生変わるけどね・・・。

今の級が合格したら、月曜日に戻らなくちゃ。

月曜日の先生も変わってるかもしれないし

月曜日には仲良しのお友達がいっぱいいる。

多少、しんどい練習でも

その後のお友達の笑顔で救われる。

今までもそうだった。


本人の気の進まないスイミングをさせているのは

正直、私もしんどい。

でも、自我流でクロールするも

息継ぎがうまくできず、長距離を泳げない。

中学になると、200m泳ぐ水泳の授業があるし

せめて25mは泳げるようにしてあげたい。

それに、気管支が弱いので、

強い体作りも続ける理由の一つ。

お陰で?去年の冬は咳こむ風邪も

肺炎にもならずに済んだ。

私も1時間半の間、

夕飯の支度をしたいところだけど、

ともくんの気持ちが落ち着くように

これからも保護者席でともくんを見守る。

なんとか、クロールが形になるまで

お互い、頑張ってみるつもり。


プロフィール

maomao

Author:maomao
ともくんの多読記録スタート♫

ともくんと読んだ和書はこちら

ブクログ

★いくつになったの★

FC2カウンター

親子英語ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード